3月, 2016 からの更新

  • 6:12 PM   2016 年 3 月 27 日 コメントをどうぞ!  

    当社サーバの基盤ソフトウェアをセキュリティアップデート 

    承っているドキュメンタリー映画作家さんのサイトを含む当社サーバで、基盤ソフトウェアのセキュリティアップデートを定期的に行っています。

    小規模サーバ(プライベートなプロバイダ)ですので、機材や回線も一般的な市販PCとルータ、フレッツ光です。
    レンタルサーバでは無く、独自サーバでサイトを公開する利点は、ユーザー(当方)側でサーバの内部プログラムを完全にコントロールして、機能拡張などが制限無く行える点です。

    公開の基盤となるwebソフトウェア、制御ソフトウェア、dbソフトウェアをここで稼働させています、
    稼動の期間が過ぎる中で見つかるのは、やはりハッカーの攻撃を受けやすくなる基盤ソフト上のセキュリテイホールです。
    そのため、その穴を埋めるセキュリテイアップデートを定期的に行っています。
    その手順は決まっている方法で行いますが、場合によってはその手順が変更になっていることがあります、
    そうしますとアップデートによりソフトが動作しなくなってしまうことがあります。

    今回も元々決まっているIDとパスワードをdbソフトが受け付けなくました、調べたところ内部dbソフトウェア自体が変更になったことが分かりました、
    そのため通常に加えて、変更されたdbソフトウェアに、IDとパスワードの設定を再度行う手順を取ります、そうして正常に稼働させます。

    このようにアップデートを行うことでサイトの改ざんや漏えい、遠隔操作などの脅威に対して安全な環境を保っていくことが出来ます。

    サイトは こちらから

    ※イナバ物産のLINE@、始めました、ご登録は こちらから

     
  • 9:27 PM   2016 年 3 月 8 日 コメントをどうぞ!  

    ホームページのデザイン変更 

    承っているホームページのデザイン変更を行いました。
    HPの内容には手を加えず外観の変更のみを行っています。

    当方がホームページ作成に使っているツール(CMS)には、一括してデザインを変えるためのファイルのセットが多数用意されています、
    現在、適用されているデザインセットから、内容に手を加えず新たなデザインセットに見た目を変えることが可能です、
    ただしこの場合、個々のデザインセットによっては内容のレイアウトが崩れてしまい適用不可能な場合も多く、また適用可能な場合も多岐に渡る微調整が派生します、
    しかしそれでもホームページを一から作り直すのではなく、内容(コンテンツ)は生かしたままデザインの移行が可能なためとても便利な機能です。

    移行前のホームページではそろそろ主流では無くなりつつあるデザイン、
    まだスマホが普及する以前、パソコンディスプレイも現在ほど横長の画面が主になる前の物、それに合わせたタイプ、つまりレイアウトを縦方向に使うスタイルの物でした。
    縦方向レイアウトのホームページはまだまだたくさんありますが、ITの流行は正に日進月歩なため、日増しに横方向を十分に使い、そしてスマホで見た場合は縦長画面にレイアウトをチェンジする方式のHPが増えて来ています。

    今回の変更もそのトレンドに沿い、横方向に隙間が無く、タブレットや低解像度のデバイスではそれぞれの画面に合わせてレイアウトが伸長して適合して行くデザインセットを使用しました。
    なおスマホで見た場合は、移行前から使用しているスマホに特化したデザインが現状もベストと考えているのでそのまま使用しています。

    なおこのデザインは見方によっては斬新で、横方法の空間を一杯に使うため、文字も含めた一つ一つのデザイン要素が大きくなっています、
    そのため公共機関のHPの様に情報が細部に渡っていて、又その量も多大なサイトでは収まりが悪くむしろ向かないかもしれません。

    ※三枚目の写真は旧のデザインです。

     
c
compose new post
j
next post/next comment
k
previous post/previous comment
r
reply
e
edit
o
show/hide comments
t
go to top
l
go to login
h
show/hide help
shift + esc
cancel